2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
変化
2006.08.12 (Sat)
仕事が暇です。だからってブログを更新するのは違くないか?どうせやることないんだからいいんです!






昨日は赤ひげで釈迦兎さんと対戦。前回、前々回と負けております。今回はWiz少ないけど火力が多いしどうでしょう。
狭いMAPだったので開始後すぐに衝突。釈迦兎さんとはいつもそうですが、このまま最後まで戦闘が続きます。序盤からじわじわこちらの火力が押していく展開でした。相手も甘くないのでこちらも結構やられていたわけですが・・・。自分の方はそうでもなかったのですが、もう1個のPTは結構ばらけてるように見えました。が、いかんせん大して広くない範囲に30人近くいたりするので、状況の全体像は容易に見えてきません。他PTの死者をチェックする暇も無かったので、リードしているのを確認しつつ、PTメンバーを守るのに集中します。油断するとあっという間に味方のHPゲージが半分くらいに減るので、なかなか定期的なヘイ・エンチャの上書きができなかったのは反省点。
今まで釈迦兎さんは高火力ながら、タゲがあまり集中しないので助かってる部分がありました。今回は、足止めを目標にタゲを合わせていたようです。自分もヒヤリとする場面が1度ありました。前回は健康固定だったのでコロリと逝きましたが、今回は運キャラとはいえ健康も結構あるので無事にノーロスト。
戦闘は激しくも淡々と続き、遂にリベンジ成功。本当に楽しいギル戦でした。






最近よく他のギルドサイトやブログでよく目にするのですが、ギルド戦を行っているギルドの方針として、「勝ち」を優先するか「楽しむ」を優先するかを悩んでいるギルドが多いようです。当然「楽しい」は人によって違うので、負けただけでも楽しくないと感じる方もいると思います。まずその点を明らかにするべきでしょう。
私は「ゲーム」をやっている以上、「楽しむ」より上の目的はないと考えています。やるからには勝ちたいと言うのは当然ありますが、負けても「楽しい」というギル戦もたくさん経験しました。ほとんどのプレイヤーが経験したことがあると思うのですが、そんな経験を思い起こせば答えに近づけるのではないでしょうか?

とかくこういった議論は極論になりがちです。「楽しむ」為には「勝ち」を犠牲にしなければならないとか、勝つためには少数精鋭にし、低LVはギルド戦に出さなければ良いという意見も見られます。少なくとも私はそんなギル戦、勝ったとしても楽しくはありません。




ギル戦での戦法の一つとして、コール後動かずに要塞化するという戦法が認知され始めたようです。こうすると一人しかクリックできず、その人が死ぬと、死体にしかカーソルが合わなくなってしまうというものです。これ花や高速パラ・ビットより凶悪だと思ってるのは私だけですか?意図的に「死体の上だとクリックされねえwww無敵だぜwww」とかもう・・・。範囲攻撃も団子の中にBISとWizいたら滅多な事じゃ倒せません。また、ノックバックも抵抗できますし、弾いてもまたすぐコールされたりとかされたら対応できません。ソゴムで開始直後から逃げ回ってるのと大差ないと思うんですが。これってバグじゃないんですかね?昔はこんな仕様じゃなかったような・・・。
スポンサーサイト
記事編集14:36| 未分類| トラックバック:0| コメント:4| Top↑
コメント
戦力が安定してれば強いとことガンガンやりたいねぇ~
最近はいい感じだからボチボチいけそうかのう?
ちゃぶ | 2006.08.12(土) 14:47 | URL【コメント編集
安定して人が集まるのはいいですねb
うちは瞬間火力がちと不安かな?
範囲は上位ギルド相手だと効果薄いですからねー

今まで有無を言わさず倒してるから良かったけど
強いとことやったら紙なのばれそうですなw
ぱとらっしゅ | 2006.08.12(土) 17:06 | URL【コメント編集
1げっとおおお!
チョビマニア☆ | 2006.08.12(土) 18:59 | URL【コメント編集
1げっとの意味をもう一度よく考えてみよう
ぱとらっしゅ | 2006.08.13(日) 10:55 | URL【コメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。